By using this site, you agree to the IDC Privacy Policy

Japan Workstyle Transformation (Japanese Version)

働き方改革の目的は、産業、事業規模、各企業の固有の事情により実に多様ですが、営利企業であれば最終的な目標は従業員が付加価値の高い仕事をし、少ない資源で高収益を上げるということに尽きます。そのためには、従業員が個人レベルでイノベーションを意識した働き方を実践することが必要であるとIDCは考えます。世界に目を向けると、ICTを利用した事業のイノベーションが加速度を増しています。他方、IDCでは「働き方の未来(Future of Work)」というフレームワークを使ってイノベーションの創出に繋がるICTの利活用の状況を分析しています。Japan Workstyle Transformation (Japanese Version)では、働き方改革ICT市場の最新状況の分析を踏まえてICTサプライヤーにとってのビジネス機会の分析を提供していますが、2019年には、「働き方の未来」のフレームワークを取り入れ、働き方改革の先に見据えるべきイノベーションの創出を視点に入れた提言を強化します。

Markets and Subjects Analyzed

  • 国内働き方改革ICT市場予測
  • 国内サテライトオフィス市場予測
  • 「働き方の未来」のフレームワーク(ワークカルチャー、ワークスペース、ワークフォース)を使った国内働き方改革の分析
  • ワークスペースで利用されるICTツール市場の動向の深堀

Core Research

  • 国内働き方改革ICT市場の予測:ハードウェア、ソフトウェア、ITサービス/ビジネスサービス、通信サービス別
  • サテライトオフィス市場の予測
  • Japan Workstyle Transformation Top 10 Predictions
  • 国内働き方改革の最新動向分析
  • 国内ワークスペースアプリケーション市場シェア

上記リサーチは市場環境などの変化に応じて変更される可能性があります。発行レポートをご覧になりたい場合は以下Webサイトをご参照ください。: Japan Workstyle Transformation (Japanese Version).

Key Questions Answered

  1. 国内企業ではICTを利用してどんな働き方を実施しているのか。事例や成果の紹介を含む。
  2. 働き方改革の推進にあたって、ICTツールにはどんな機能や能力が求められているのか。
  3. 働き方推進企業は実際にどのツールを利用し、どう評価しているのか。
  4. 「働き方の未来」のフレームワークとはどんな内容か。
  5. 「働き方の未来」のフレームワークを国内働き方改革に適用して分析するとどんな展望が見えるのか。
  6. 働き方改革を導入/検討中のユーザー企業に、IT サプライヤーはどのようにアプローチするのが有効か。
Print Web Page

Related Links

Meet the Experts

Hirotoshi Asano Senior Market Analyst, PC, Mobile & Client Solution, IDC Japan
Kazuko Ichikawa Group Manager, PC, Mobile & Client Solution, IDC Japan