Yasusuke Suzuki

Research Manager, Enterprise Infrastructure, IDC Japan




By: 
Yasusuke Suzuki
Loading
本調査レポートでは、国内ストレージソフトウェア市場を以下の4分野、1. データレプリケーション/保護ソフトウェア、2. アーカイビングソフトウェア、3. Software-Defined Storage コントロールソフトウェア、4. ストレージインフラストラクチャ/デバイス管理ソフトウェア、に分類し、2022年~2026年の国内市場における売上額を機能市場セグメント別に予測している。「エッジやクラウドを含めたデータ運用環境が複雑化する中で、ストレージインフラの効率性、経済性...
By: 
Yasusuke Suzuki
Loading
国内企業は、ITシステム運用におけるクラウド利用の割合が高まる中で、ユーザー企業はデータ保護(データ損失の防止)運用を新たな形へ整備し直そうとしている。また、デジタルトランスフォーメーション(DX)を進めるに従って、データの種類、量が増え、保存場所が分散していく上に、最近ではランサムウェア対策として、データバックアップの重要性が増していることもデータ保護運用の改革を促す要因となっている。このようにクラウド利用とデータ活用の広がりと共にデータ保護要件が複雑化している現在、ユーザ...
By: 
Yasusuke Suzuki
Loading
デジタルトランスフォーメーション(DX)が進み、データの利用が高度化、広範化する中で、その活用を支えるデータ運用の仕組みを整備する重要性が高まっている。運用システムの効率性、安全性、経済性を高め、競争力あるものにするためには、利用が拡大するクラウドサービスで使われるデータの管理も必要になると共に、データ運用の仕組みにクラウドのテクノロジーを戦略的に取り入れることも重要である。本調査レポートは、こうした環境変化、変革の必要性に対して、国内ユーザーはどのようにそれらに対応している...
More results

More results
Analyst Location

Japan



Coverage

System infrastructure software, Storage



Regions

Japan