By using this site, you agree to the IDC Privacy Policy

Yasusuke Suzuki

Research Manager, Enterprise Infrastructure, IDC Japan

Yasusuke Suzuki is a research manager in IDC Japan Enterprise Infrastructure Group.Mr.Suzuki is responsible for storage software and storage service research.The storage software program covers areas such as storage management, storage replication, data protection and recovery, file systems and archiving software segments. Mr.Suzuki also delivers forecasts and analyses on storage services segments including storage-related consulting, integration, management and support services, as well as on-line storage service/backup service markets.

Mr. Suzuki has more than 22 years of experience within the IT industry. He came to IDC in 2002 from IBM, where he started the career as an LSI design engineer, and then moved to OEM business group of microelectronics and hard disk drive.

Mr. Suzuki received his Bachelor of Science in physics and Master of Science degree in System Science from Tokyo Institute of Technology.

本プレゼンテーションは、IDC Japan エンタープライズインフラストラクチャのリサーチマネージャーである鈴木 康介による講演の内容をプレゼンテーションスライドと音声ファイルによって提供するものである。IoTの普及、機械学習の進化によって、データ活用によって企業の競争優位性の確立を目指す企業が増加している。膨大で多様なデータを効率的かつ経済的に管理するには、新規ストレージテクノロジーの導入と共にデータマネジメントの革新も必要になりつつある。本プレゼンテーションでは、日米の市...
本調査レポートでは、国内ストレージソフトウェアの市況を考察すると共に、ベンダーの競合状況について分析する。「企業/組織がデジタルトランスフォーメーションを進めていく上で、ITインフラの変革、効率化は、経済性を高める面とビジネスの迅速性を支える面の両方の意味で欠かせない。ストレージの運用はこれまで技術者のスキルに依存する割合が大きかったが、Software-Defined技術の進化、コグニティブ/AIシステムの利用などによってソフトウェアによるインフラ運用自律化へと進むであろう...
More results

Team member of

Analyst Location

Japan

Coverage

System infrastructure software, Storage

Regions

Japan