By using this site, you agree to the IDC Privacy Policy

Yukihisa Hode

Market Analyst, Enterprise Infrastructure, IDC Japan

Yukihisa Hode is a Market Analyst of IDC's Japan Enterprise Infrastructure group based in Tokyo. In this role, he is responsible for the analysis and forecast on hyperconverged infrastructure and converged systems in Japan. In addition, he conducts research on emerging area in Japanese storage market including software-defined storage and file- and object-based storage.

In IDC Japan, he covered enterprise storage systems market, vertical and segment market in Japan. He made contributions to widen Japan storage research program by launching new research such as cloud storage service and storage demand analysis among Japanese service providers.

Prior to joining IDC Japan, Mr. Hode worked at a Japanese telecommunications company for more than 10 years where he was responsible for enterprise sales promotion and business development. In this period, he was seconded to a non-profit research institute for 2 years where he was responsible for research on information systems in financial institutions.

He holds a Bachelor of Economics from the University of Tokyo, Japan.

ネットアップは、2017年6月29日に開催した国内事業戦略発表会において、コンバージドシステムのポートフォリオを強化し、NetApp HCIの国内における提供計画を発表した。本調査レポートは、同社の製品ポートフォリオにおけるNetApp HCIの位置付けや、同製品の国内市場への展開方針についてIDCの視点で分析する。IDC Japan エンタープライズインフラストラクチャのマーケットアナリストである宝出 幸久は、「NetApp HCIの国内展開に当たっては、迅速な導入やスモー...
本調査レポートでは、国内ハイパーコンバージドシステム市場の市場背景や市場構造を概観し、同市場に参入する主要ベンダーの国内戦略を個社別に分析する。また、ベンダーが国内ハイパーコンバージドシステム市場において、より多くの成長機会を獲得するための提言を示す。IDC Japanエンタープライズインフラストラクチャのマーケットアナリストである宝出 幸久は「国内ハイパーコンバージドシステム市場は急速に成長する段階にあり、そこに参入する各ベンダーには多くの成長機会がある。しかしながら、新規...
More results