By using this site, you agree to the IDC Privacy Policy

Yukihisa Hode

Market Analyst, Enterprise Infrastructure, IDC Japan

Yukihisa Hode is a Market Analyst of IDC's Japan Enterprise Infrastructure group based in Tokyo. In this role, he is responsible for the analysis and forecast on hyperconverged infrastructure and converged systems in Japan. In addition, he conducts research on emerging area in Japanese storage market including software-defined storage and file- and object-based storage.

In IDC Japan, he covered enterprise storage systems market, vertical and segment market in Japan. He made contributions to widen Japan storage research program by launching new research such as cloud storage service and storage demand analysis among Japanese service providers.

Prior to joining IDC Japan, Mr. Hode worked at a Japanese telecommunications company for more than 10 years where he was responsible for enterprise sales promotion and business development. In this period, he was seconded to a non-profit research institute for 2 years where he was responsible for research on information systems in financial institutions.

He holds a Bachelor of Economics from the University of Tokyo, Japan.

本調査レポートは、国内ハイパーコンバージドシステム市場における支出額と出荷台数について、2017年~2021年の予測を提供する。支出額についてはワークロード別とソリューションタイプ別の予測も提供する。IDC Japan エンタープライズインフラストラクチャのマーケットアナリストである宝出 幸久は、「国内ハイパーコンバージドシステム市場は急速に拡大し、本格的に立ち上がった。また、今後も非常に高い成長率を継続するとIDCは予測する。多くのITサプライヤーが国内ハイパーコンバージド...
本プレゼンテーションは、国内ハイパーコンバージドシステム市場の現状と将来の動向をまとめたものである。本プレゼンテーションでは、市場動向と競合分析、ユーザー企業の最新動向を分析している。また、市場予測を含めた市場の将来展望について考察し、ITサプライヤーに対する提言を示している。
More results