By using this site, you agree to the IDC Privacy Policy

Japan Mobile and Client Computing Team

Kazuko Ichikawa

Group Manager, PC, Mobile & Client Solution, IDC Japan

Akira Sugawara

Senior Market Analyst, PC, Mobile & Client Solution, IDC Japan

Hirotoshi Asano

Senior Market Analyst, PC, Mobile & Client Solution, IDC Japan

Hiroshi Shibutani

Senior Market Analyst, PC, Mobile & Client Solution, IDC Japan

New Research

本調査レポートは、2017年9月にIT担当/責任者およびPC購入に関し決定権がある企業の回答者を対象に、Windows 7 EOSに向けた認識やWindows 10への切り替え方法に関しユーザー調査を実施した。本調査データを基に、Windows 10への切り替えスケジュール、PC稼働台数に対するWindows 10累積台数比率などを分析している。2020年1月に予定されているWindows 7の延長サポート終了(EOS:End of Support)に向け、2014年のWin...
2017年 国内AR/VR市場 企業ユーザー調査

Dec 2017 - IDC Survey - Doc # JPJ42927417

by: Akira Sugawara

本調査レポートは、IDCが2017年10月に実施した、国内企業のAR/VRの採用に関する現状と今後の展望に関する「2017年 国内AR/VR市場 企業ユーザー調査」の調査結果を分析したものである。本調査レポートで分析した主な項目は、以下の通りである。AR/VRのビジネス利用状況AR/VRのビジネス利用の目的ビジネス利用における主なプラットフォームAR/VRのビジネス利用に対する懸念事項や阻害要因
会社にあるPCが重く持ち運びにくいことから、その代わりに自宅のPCを用いて自宅残業を行うことは少なくない。しかし、自宅のPCを用いることは、情報漏洩などのセキュリティ上、大きな問題となる。また、今後「働き方改革」の推進に伴い、社外で利用されるPCはますます増加することが予測される。このことから、ITサプライヤーはセキュリティをより強化した「軽量/薄型」PCの出荷比率をさらに高めることが必要となる。本調査レポートは、企業で利用しているポータブルPCの利用方法、望ましい仕様、ポー...
本調査レポートは、IDCが2017年10月に実施した、国内企業のAR/VR(Augmented Reality/Virtual Reality)の採用に関する現状と今後の展望に関する「2017年 国内AR/VR市場 企業ユーザー調査」の調査結果から抜粋し分析を加えたものである。本調査レポートで分析した主な項目は、以下の通りである。AR/VRのビジネスでの採用状況と今後の意向AR/VRのビジネスでの採用状況と今後の意向の業種別分析
本プレゼンテーションは、国内エンタープライズモビリティ市場におけるハードウェアとソフトウェアの市場動向、および2017年~2021年の予測をまとめたものである。本プレゼンテーションでは、市場予測やユーザー企業の最新動向を分析すると共に、ITサプライヤーに対する提言を提供している。
本調査レポートは、国内働き方改革市場からICT市場を切り出し、その市場規模と市場動向に関し調査、分析を行ったものである。IDCが保有する市場規模データを基に、国内企業に対するアンケートや取材結果を参考に規模を推定し、動向をまとめている。IDC Japan PC、携帯端末&クライアントソリューションのグループマネージャーである市川 和子は、「生産性ツールをとってみてもユーザー企業の多くはその導入効果を把握しきれていない上に、自社にどれが適しているも分かっていない。ITサプライヤ...
本プレゼンテーションは、国内クライアント仮想化市場に関する2017年版のIDCの定義と分類を基に構成されている。IDCでは、クライアント仮想化市場を「シンクライアント専用端末」「クライアント仮想化ソフトウェア」「クライアント仮想化ソリューション」の3つの視点で捉えている。本プレゼンテーションに含まれる国内クライアント仮想化市場の予測は、調査レポート『国内クライアント仮想化市場予測、2017年~2021年(IDC #JPJ41779717、2017年5月発行)』を基に、上記の3...
本調査レポートでは、クライアント仮想化製品を導入した550社のユーザー企業を対象に調査した結果に基づいて、IDC独自のROIの分析手法を用いて定量的な分析を実施し、投資対効果(ROI)を算出している。ここ数年、ROIを定点測定しており、ROIの値は高い値を示している。導入に踏み切れないユーザー企業、特に経営層に対し、ROIを明示することが導入促進の有効な施策の一つとなる。IDC Japan PC、携帯端末&クライアントソリューションのシニアマーケットアナリストである渋谷 寛は...
本調査レポートは、2017年7月10日~12日にシンガポールで開催されたHP Inc.の産業アナリスト向けのイベント「HP APJ Industry Analyst Summit 2017」を取り上げ、デジタルネイティブ世代である「Z世代」に対するマーケティングとゲーミングPC市場を中心としたコンシューマーPC分野に関する現状と展望について、IDCの見解を加えたものである。
Japan Workstyle Transformation Through Mobilization 2017

Aug 2017 - Industry Development and Models - Doc # JPE42506117

by: Kazuko Ichikawa

This IDC study covers the actual market situation with the objective of improving workstyle by means of utilizing existing or implementing new mobile devices and mobility solutions, among the generally widespread workstyle transformation. M...